NEWS

2019年10月17日

京都市広報版で発見

以前お稽古に通って下さった生徒さんが
プライベートレッスンでお稽古を再開しました!
10年ぶりくらいにお会いしたので
しばらく近況報告に花が咲きました🌷
秋になり着物が着たくなったそうです。いいこと~♪
お稽古が終わってから
みやこメッセで開催している京友禅きもの展へ。
すると見覚えのあるポスターが👀
IMG_7580.jpg
地下鉄のラックにも👀
市内のあちらこちらにありビックリします(^^ゞ
IMG_7574.jpg
お申し込み受付中です
チラシ(おもて) (1).jpg
2019年10月16日

やっぱり楽しい浴衣

今日は浴衣実習でした!出席率100%
やっぱりみんな浴衣を着るの楽しみにしてますね
IMG_7567 (2).JPG
悪戦苦闘そして和気あいあい
浴衣を着て、帯を結んで、
最後はたたんで終了。
今日もOBが手伝いに来てくれました。
毎学期、受講した学生が助っ人に来てくれるんですよ!
嬉しいですね
2019年10月14日

感動の試合

快進撃ですね4戦全勝で
決勝トーナメントへ進むなんて!
厳しい練習の賜物ですね。
押して押して
耐えて耐えて
倒されてもすぐ立ち上がり前へ進む
私の好きな「七転び八起き」精神です。
IMG_7561.JPG
身体を張ってぶつかる勇気と
頭脳プレイで諦めない精神は
最高にカッコいいです!感動をありがとう
昨日は友人家族と歓喜しました。
なぜ私がラグビーに熱いかというと、、、
中学時代ラグビー部のマネージャーでした。
本当はマネージャーではなく
「女子ラグビー部をつくりたい」と懇願したのですが
女子には無理と言われてマネージャーに。
なので思い入れが強いのです
2019年10月13日

主体性を持つ

また学生自慢ですが
先週の授業の終わりに学生が私のところに来て
このクラスで何か着物を発信することがしたい!
と言ってきました。
27a.jpg
漠然と思っただけらしいですが
自発的な意見が出てきて驚きました!
学生同士がディスカッションしたり
発言しやすい雰囲気や主体性をもてるような
授業を心がけているので
その発想は大歓迎で嬉しかったです
2019年10月11日

喪服

一昨日、電車に乗るとご年配の女性から
「いつも着物?」と声をかけられました。
降りるまでのあいだお話ししましたが
その女性も長年、着物生活されていたそうで
腰を悪くしてから着なくなったと仰ってました。
絽喪服.jpg
それで思い出しましたが
先日の告別式で喪服を着ていたのは
私とあとお一人だけでした。
絽喪服名前.jpg
かなり大勢の方が参列されていて
私より上の方がほとんどだと思いますが
喪服も衰退の一途をたどるのでしょうか。。。
2019年10月10日

そろそろ袷に

10月中旬でも30度近い気温なので
昨日の授業も単衣でお襦袢は夏用でした。
教壇で90分喋っていると暑い(熱い!)ので
授業が終わると喉が渇いてますね。
そろそろ来週あたりから袷が着られるかな。
IMG_7553.jpg
夏の間に洗いに出し、八掛(はっかけ)も
すり切れてたので直して貰いました。
頻繁に着物を着ていると
八掛や襦袢がすり切れてくるんです💦
こうやって着物は直しながら着てますよ。
2019年10月09日

秋ご飯

朝晩、急に冷えはじめて
秋が近づいて来てますね。
それで
栗おこわ 作りました🌰
IMG_7549 (2).jpg
もち米と
ちょっと手拭きして
甘栗つかって
炊飯器で炊きました。
ホクホクの炊き立てを食べて
大学へ出勤しました。
秋って嬉しいな~♪
2019年10月08日

着物離れ

学生たちに出した課題
日本人の着物離れについて
何故このような現象が起こっているか、考えて貰いました。
着付けが出来ない
知識がない
動きにくい
高額
浮く、目立つ、注目される
式(冠婚葬祭)特別な日に着るもの(普段は着ない)
時代はカジュアル化なのに着物は時代遅れ
これらは若い人に限らない意見で
大人の方も同じことを言われます。
年齢が上がるほど敷居も高くなり
周りの目や羞恥心が働くので
着物を着ることの抵抗感が生まれるようですね。
その先入観に縛られないよう
柔軟に着物と接して欲しいと思ってます(^^)
IMG_7077.jpg
2019年10月07日

一丸となって

5日サモア戦はラグビー友達6名で観戦!!
興奮冷めやらぬ
感動の試合は言うまでもなく
大いに盛り上がり&嬉し泣き
IMG_7540.jpg
↑日本代表ユニホームは持ってないので
赤白ストライプシャツに白パンで応援だー!
今朝は北山通り掃除の日。
IMG_7546.JPG
宝ヶ池自動車教習所さん、マールブランシュさん
nadiさん、スカイリンクさん、私で掃除しました
2019年10月04日

お別れ

日本の古来からある色を
伝統的な染色方法で追及されていた
染色家の吉岡幸雄先生がお亡くなりになり
昨日、告別式でお別れしてきました。
IMG_7523.jpg
7月にある着物の勉強会でお会いした時は
お元気で前から約束していたことがあり
「あ、柾木さん、ごめんごめん、またね」と
言ってくださり結局そのまま逝ってしまわれ
すごく心残り淋しいです。。。
日本の宝を亡くしたと
多くの方から惜しまた方でした。
10 / 28« 先頭...89101112...20...最後 »