NEWS

2020年11月07日

高校で授業


高校生100名に着物の講義と浴衣着装の授業を行いました。
母校でもある京都市立銅駝美術工芸高等学校
早速HPに掲載して頂きました。http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=300407



画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立っている人、バスケットボールコート、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立っている人着物を着たり見たりする時、その先に作り手と
伝統の技術が存在することを想像力を持って接して欲しいこと。
また京都の着物にたずさわる行事や人々を紹介し、
長い歴史と共に受け継がれていることを学んで貰いました




画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立っている、子供、室内母校で16年目の着物文化を学ぶ授業。
全身全霊で熱く熱〜く語って来ました!!
6時間ぶっ続けで達成感と心地よい脱力感です〜^ ^




画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、ステージにいる人、結婚式、群衆、靴、室内
同志社の学生4人も手伝いに来てくれて、
全国の高校生と大学生に授業したいとまた強く思いました!












画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座っている人、室内
私は高校時代に着物の魅力を知り
「大人になったら着物を着る人になりたい」と言ってました。
この学校で学んだ染織科が私の原点です!




↑男女の仕立てと着方の違いを説明。副校長先生にモデルになって頂きました。
校長先生はじめ担任の先生方のご協力があり授業を実施することが出来ました。
ありがとうございました。




画像に含まれている可能性があるもの:3人、柾木良子さんを含む、立っている人、スーツ、、「京 都」というテキスト
学校の玄関にあるロダンの前で校長先生と